外国人の家族の呼び寄せ(在留ビザ)

日本に住む外国人は、妻や子どもたちを日本に呼び寄せることはできるのか?
また外国に住む両親を日本に呼び寄せることができるのか?

まずは、日本に住む外国人の在留ビザによって異なってきます。
経営ビザ」や「技術・人文知識・国際業務ビザ」や「企業内転勤ビザ」などであれば、妻子を呼び寄せることができます。
この場合、妻や子どもたちは「家族滞在」という在留ビザを取得することになります。

技能実習の場合は、日本で技術を習得して母国の発展に貢献するという趣旨の在留ビザであるため、家族の呼び寄せは基本認められていません。

留学のビザで日本に来ている場合、預貯金や奨学金などで配偶者や子供の扶養が可能であることを示すことができれば、「家族滞在」の在留ビザが認められることもあります。

在留ビザ「家族滞在」について

家族滞在の在留ビザは、「夫の扶養を受ける配偶者や子供であること」とされており、日本においての活動は、日常的な活動であるとされています。つまり、妻子がそれぞれ独立して経済活動や就労活動をすることは想定されていません。パートなど報酬を受ける活動をする場合には、資格外活動許可を取得する必要があります。

また、妻が独立して経済活動を行うのであれば、家族滞在ではなく他の在留ビザへの変更の申請を行う必要がでてきます。

外国に住む両親の呼び寄せ

外国人の両親を日本に呼び寄せるのは、かなりハードルが高いのが実情です。そもそも、外国人の両親の受け入れに該当する在留ビザは、ありません
ただし、外国に面倒を見てくれる人がいない高齢者であるといった個々のケースに応じて、本当にやむを得ない場合は、人道的な配慮がなされ「定住者」や「特定活動」の在留資格を認めることはあります。その場合も、定住者として入国することは、困難であり「短期滞在」で日本に来たあと、在留ビザを「特定活動」に変更するという流れになります。

あとは、「高度専門職ビザ」をお持ちの場合、自分の子供を養育するために呼び寄せるということが一定の要件のもと可能になります。

【高度専門職の両親を呼び寄せるための要件】
・高度人材外国人の世帯年収が800万円以上であること
・高度人材外国人と同居すること
・高度人材外国人又はその配偶者のどちらかの親に限ること

追記

在留ビザは、29種類もあり法令も頻繁に変わるので、日本人にとっても複雑なものです。ましてや、外国の方にとってはことさら理解することが難しいのではないかと思います。入管・在留ビザに関することは、申請取次行政書士にお気軽にご相談ください。

※厳密には、「ビザ≠在留資格」ですが、便宜上「在留ビザ=在留資格」と記載しています。