外国人を採用する際のチェックポイント

まずは、在留カードの確認

外国人が常に携帯する義務のある「在留カード」を見せてもらってください。
働くことができる在留資格を持っているのか確認する必要があります。
これは、雇用主の義務でもあります。

在留カードは、必ず原本を確認し、両面のコピーをとります。
採用を決定する前には、住民票の提示も求め、在留カードと併せて確認するといいでしょう。

在留資格をチェック

大学や専門学校など留学している学生は、「留学」
すでに就労ビザで働いている外国人は、「技術・人文知識・国際業務」などの記載があります。
留学生の場合は、基本的には、就労不可です。
しかし、カードの裏面に資格外活動許可の部分に「許可:原則週28時間以内・風俗営業等の従事を除く」と記載されていれば、記載通りの内容でアルバイトとして雇用することができます。
ただし、週28時間を超えることがないよう、アルバイトの掛け持ちをしていないか確認する必要があります。

※「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」の在留資格で、就労制限なしの場合は、日本人労働者と同様に雇用が可能です。風俗店での雇用も可能になります。

※「技術・人文知識・国際業務」の在留資格の場合は、現在の資格で今から行ってもらう予定の業務ができるか確認する必要があります。

在留期間をチェック

在留カードに記載してある、在留期間は必ずチェックしてください。
注意するケースとしては、留学生を社員として採用する場合、在留資格変更申請を「留学」の在留期間までに行わなければ、外国人は不法滞在となり日本で就職することができなくなります

在留資格の変更

「留学」から新卒採用の場合や、転職の場合など職務内容に応じた在留資格に変更する必要が生じます。

在留資格の変更について重要な3つのポイントがあります。

①外国人に従事させる職務が在留資格に合致していること

②本人の学歴や職歴が、取得しようとする在留資格の要件を満たしているかどうか

③雇用主である企業の経営状況が安定しているか否か

また、留学生を新卒採用する場合には、下記の点もしっかり確認してください。

①風営法で規制の対象となる事業や店舗で就労していなかったか

②週28時間を超えて常習的に長時間労働を行っていなかったか

これらに該当する場合、就労ビザを取得しようと在留資格変更申請を行う審査の過程で事実が発覚し、申請が却下されるということもあります。

具体的な採用の流れ

外国人雇用の流れ(日本にいる留学生・既卒の転職者)はこちら

外国人雇用の流れ(外国にいる)はこちら