建設許可 造園工事

造園工事とは整地、樹木の植栽、景石のすえ付け等により庭園、公園、緑地等の苑地を築造し、道路、建築物の屋上等を緑化し、又は植生を復元する工事のことを言います。
請負金額500万円以上の造園工事を行うには、建設業許可の申請が必要です。

造園工事の具体例

植栽工事・・樹木を植えたり生け垣を作ったりする工事
地被工事・・こけや芝生など地被植物を植える工事
景石工事・・景石(和風庭園の決め手となっている石です)工事
地ごしらえ工事・・伐採作業後に残った木の枝や雑草を集め整理をする工事
公園設備工事・・花壇や休憩所を作ったり売店などを作ったりする工事
広場工事・・広場に新しく芝生広場や運動場を作ったりする工事
園路工事・・公園内に遊歩道を作ったりする工事
水景工事・・噴水、人工滝、自然池、ビオトープ、ミストなどの水景施設の設計・施工・メンテナンスを行う工事
屋上等緑化工事・・建物の屋上や壁面に植物を植える工事
緑地育成工事・・樹木、芝生、草花等の植物を育成する建設工事であり、土壌改良や支柱の設置等を伴って行う工事

このように、造園工事は、非常に幅広い分野を含んでいます。

注意

剪定、枝打ち、草刈りなどは、造園工事に含まれません。したがって、剪定や枝打ちや草刈りなどは、造園工事の実務経験とはみなされません。

建設業許可の造園で専任技術者(一般)となることができる資格

1級 造園施工管理技士
2級 造園施工管理技士
技術士 建設・総合技術管理(建設)
技術士 森林「林業」・総合技術監理(森林「林業」)
技術士 森林「森林土木」・総合技術監理(森林「森林土木」)
技能検定 1級 造園
技能検定 2級 造園の場合は、3年以上の実務経験も必要(平成15年以前合格者は1年)

※職業能力開発促進法に基づく技能検定については、等級区分が2級の場合は、合格後3年(平成15年以前合格者は1年)以上の実務経験が必要です。